クレジットカードのショッピング枠現金化は便利だけどリスクも大きい

計算するとレーザー脱毛 > 現金化 > クレジットカードのショッピング枠現金化は便利だけどリスクも大きい

クレジットカードのショッピング枠現金化は便利だけどリスクも大きい

通常クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。
一般的なカードであっても、前者は30万円位、後者は10万円位の枠があります。
しかし、買い物にあまりカードを使わないとか、あまり大きな金額の買い物をしない人は、このショッピング枠が空いているということもよくあります。
一方で、クレジットカードの現金化というのをよく見聞きします。
具体的にどのようなことをするのかというと、業者が指定した商品をカードで購入し、その分の見返りをもらうものです。
購入代金から手数料を差し引いた金額が、自分の収入になります。
ネット業者の場合はお金を振り込む方法、買い取り業者の場合は、実際に購入した商品を買い取る方法が主流です。
一時的にお金がほしい時にはこの方法も便利ですが、しかし自分のカードで購入しているため、最終的には返済をしなければなりません。
しかも手数料を引かれるため、手取りの金額は、実際の購入代金よりは少なくなります。
また、現金化の業者によってはお金を振り込まないとか、一部だけしか払わないということもありますので、業者をきちんと選ぶ必要もあります。
そして、これは是非頭に入れておきたいのですが、クレジットカードを現金化目的で使用した場合、本来の使い方とは明らかに異なるため、カード会社から利用停止を言いわたされることもあります。
このようなリスクもありますので、ショッピング枠を使ってお金に換えるのは、やはりリスクの大きな行動と言うこともできるでしょう。

優良店を探す場合はこちら:ビックギフトの評判はこちら



タグ :